どの国にもその国民が育んでいる様々な伝統がありますが、日本におけるそうした伝統一つが「カジノ」です。長い間、我々日本人が保ち続け、近年次第に支持が高まっています。ところで、カジノとは一体何であり、なぜ人々はカジノに行くのでしょうか。

カジノとは人々が余暇を過ごすためのエンターテイメントの場ですが、と同時に、才気あふれるベテランギャンブラーたちがカジノに足を運び、多くのお金を稼いでいるところでもあります。つまり、カジノは生計を立てる手段にもなり得るのです。

とはいえ、カジノでは何よりも運がものを言いますが、同時にスキルも必要です。例えば、カジノには球が最後に落ちる場所の色に賭けをするゲーム(ルーレットという)があります。その色をピタリと当てると、大きなお金を手に入れることができます。有難いことに、色は黒と白と赤だけなので、賭けたお金を倍にするようなチャンスも少なくありません。

しかし、観光客としてカジノを訪れる場合は、まずその国の法律を知っている必要があります。外国人観光客はその国の法律を知らなかったばかりに、罰金を科せられてしまうことがあるからです。そうなれば、旅費と同じくらいの高額の罰金を払わなければなりません。

ですから、観光客としてどの国を訪れる場合でも、カジノやその他のエンターテイメントについては必ずその国の法律を遵守しましょう。日本には実店舗のカジノはまだありませんが、オンラインカジノがあります。オンラインカジノと聞いて驚かれる人もかもしれません。オンラインによる詐欺行為を防ぐため、日本国内ではオンラインカジノが違法となっていますが、海外のウェブサイトを利用してやっている人たちがいるのです。

現在、日本政府はカジノ法案の承認に取り掛かっており、今後カジノが合法になれば、国民に大きな影響を及ぼすことになるでしょう。日本政府によると、カジノに人々が詰め寄せるのを防止するため、2025年までに日本国民に対しては入場料を課すようにする予定とのことです。

一方で、海外からの訪問客に対しては、入場料無料のままです。海外からの訪問客は、一般市民よりも大きな金額を賭けて大きく稼ぐという傾向があるため、カジノや政府にとっても有益なのです。カジノはホテル内にも設置される予定です。日本は将来的に、カジノ数が世界最大になると言われており、非常に豪華で高級な観光客向けのホテルにもカジノが設立されるそうです。

日本の賭博というと、大変長い歴史があり、以前はギャンブルで詐欺行為をする人が多く、マフィアやヤクザたちが日本で賭博を牛耳っていた時代もありました。その当時は多くの問題が起こっており、お金が盗まれたり、プレイヤーが賭けに勝っても「ペテンをした」と言われて賞金が払わなかったり、といった悪質な事件が起きていました。

もし日本のカジノに訪れることになったら…

ヤクザが牛耳っている闇の賭博場には常に用心すべきですが、政府公認のカジノであれば問題ないでしょう。ただし、どんなカジノもそうですが、行く前には、必ずよく下調べをしてください。Google などで口コミ情報を読むのもいいでしょう。日本はギャンブルに関しては長い伝統と評判があるので、将来的にカジノが建設されたら、世界最高のギャンブル地となることは間違いないでしょう。